facebook twitter instagram 日本ワイン140年史 ~国産ブドウで醸造する和文化の結晶~ 日本ワイン140年史 ~国産ブドウで醸造する和文化の結晶~ 日本遺産ロゴ

お知らせ

報告書『明治十年仝十一年中往復記録』を刊行しました

お知らせ
報告書『明治十年仝十一年中往復記録』を刊行しました
ワイン文化日本遺産協議会及び甲州市は、明治10年(1877)、フランスにブドウ栽培とワイン醸造の技術を学ぶべく留学した伝習生、高野正誠と土屋龍憲の2人が記した書簡を日誌として書き留めた、『明治十年仝十一年中往復記録』の解読書を刊行しました。
 本書は、明治11年(1878)11月17日までの13ヶ月の出来事が書かれており、期待に胸をふくらませ渡仏し、言葉や文化にとまどいながらも、一生懸命伝習に努めていた様子を読むことができます。
 市内3つの図書館及び県内の主な公立図書館にて閲覧することができます。ぜひお手にとってご覧ください。
『明治十年仝十一年中往復記録』
昭和52年2年5月 有木純善 解読
令和3月 甲州市教委員会 補筆・編集
ワイン文化日本遺産協議会・甲州市 発行
【市内所蔵図書館】
甲州市立塩山図書館(甲州市塩山上塩後240)
甲州市立勝沼図書館(甲州市勝沼町下岩崎1034-1)
甲州市立大和図書館(甲州市大和町初鹿野1693-1)

■関連ページ
日本遺産(Japan Heritage)「日本ワイン140年史~国産ブドウで醸造する和文化の結晶~」

「甲州市ホームページ「歴史と文化」

「文化財に関するお知らせ

文化財に関する催し等

Facebook ワイン文化日本遺産協議会
TOP