facebook twitter instagram 日本ワイン140年史 ~国産ブドウで醸造する和文化の結晶~

スポット

葡萄栽培并葡萄酒醸造範本

日本遺産
フランスでの留学を終えた土屋龍憲が、三田育種場長の前田正名に提出した報告書です。三田育種場は明治10(1887)年から明治19(1886)年まで東京の三田(現在の港区芝)で営まれていた官営の種苗会社です。三田育種場では、農産物の優良な種苗の普及に努めるほか、牛馬や農機具の改良も行われていました。フランスへ渡りワイン醸造を学んでくるという壮大な計画には、明治政府の絶大な協力があったことを示す資料です。
住所
山梨県甲州市
カテゴリ
日本遺産
TOP